学部案内

国家免許・資格を取得してからが本当のスタート

主体的に学び続ける力を身につけた
保健・医療・福祉の専門職を育成します。

健康科学部には、看護師や保健師の国家免許を目指す看護学科と、社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士の国家資格を目指す社会福祉学科があります。疾病や障害をかかえた人々がより良い生活を送れるようにするため、「人間にかかわる仕事」という共通のキーワードのもと、専門的な知識や技術はもちろん、あたたかい人間性や幅広い教養を身につけましょう。大学病院が併設されたキャンパスであることや、総合大学であるという強みを生かした学びで、医療・福祉のスペシャリストとして、確かな道を歩み出してください。

詳しくはPCサイトへ 看護学科

看護に期待される役割や機能は、年々変化しています。本学では、現代社会のニーズに応えるため、社会のあらゆる分野で健康・福祉の向上に寄与する看護師・保健師を養成。文系・理系の知識を融合させ、バランスのとれた人間性を養うほか、環境や社会と人間との結びつきを探求する科目を数多く開講しています。医療の高度化に伴い、チーム保健・医療の重要度が高まっており、他職種と連携して働く調整能力も身につけます。

詳しくはPCサイトへ 社会福祉学科

児童虐待やホームレス問題、孤独死・・・。地域社会で散見される、そういったひずみや問題に対処できる力の修得を目指します。自分の思考を実際の行動へと導く原動力を生み出せるよう、幅広い教養科目と専門科目を設けており、ゼミや授業は少人数制で個別指導を重視。医学・看護学科・病院等が併設された伊勢原キャンパスの利点を生かした連携教育も展開します。4年次には国家試験を突破するための多彩な対策も講じられています。

詳しくはPCサイトへ