東海大学 健康科学部


| 大学院健康科学研究科 | 東海大学 |
| 学部トップ | アクセス・お問い合わせ | LINK |
4年間の学びの流れ在学生からのメッセージOB・OGレポート学部トップ
看護学科タイトル
在学生からのメッセージ
写真1 社会人として備えるべき
幅広い知識やスキルを培う1年次の学び


金子 絵美
東海大学健康科学部 / 看護学科1年次 (2012年度当時)


地元山口県を遠く離れ、東海大学健康科学部看護学科に入学を決めたのは、豊富な海外研修プログラムが用意されている点と、総合大学での学びに期待を抱いたからです。実際に入学して、驚いたのは授業がおもしろいということ。たとえば「栄養と代謝」では食生活の大切さを実感し、また「人間関係論」では社会人としての基本的なマナーや、相手の立場を考える習慣を身につけ、さらに、グループワークでは、志を同じくする同級生との交流を深めることができました。まだ入学してから4カ月あまりですが、少しずつ成長できているのではないかと感じています。これから、学年が上がるにつれ、専門的な知識・技術を習得していくこともとても楽しみですが、今は、自分のできることを1つひとつ実現させていくつもりです。比較的自由時間がとりやすい1年次の間に、海外研修に向け、TOEIC学習から始めようかと思っています。
写真1 看護観を広げる機会にもなった臨床実習での経験。
幅広いフィールドで活躍するのが目標


佐藤 志保
東海大学健康科学部/看護学科3年次(2013年度当時)


3年次の各専門看護領域での実習では、多くの経験を培うことができました。キャンパス内にある東海大学医学部付属病院の高度救命救急センターでの実習では、緊迫した雰囲気に圧倒されることを想像して現場に入りましたが、てきぱきと重症患者さんの処置を行っていても、患者さんのご家族に明るく声をかける看護スタッフの様子を見て、急性期看護に求められるのは技術・知識だけではなく、患者さんとそのご家族を温かく思いやる気持ちも大切なのだと実感しました。また、一般病棟で緩和ケアのがん患者さんを担当した際、今の私にどのようなケアができるかわからず、思い悩みました。それまで、緩和ケアについては教科書から学ぶ程度の知識しかなかったのですが、これを期に緩和ケアに興味を持ったことも事実です。実習というと、実践的な看護技術を養う機会と思いがちですが、実際に患者さんと接することで、看護とは何か、自分はどのような看護をめざすかといった看護観を培う場でもあります。もうすぐ4年次となり、看護師国家試験対策の勉強がスタートします。資格取得のための勉強とともに、よりハイレベルな看護を実践できるように、自分自身の看護観をしっかり究めていきたいと考えています。


東海大学 オープンキャンパス

救急看護認定看護師教育課程

入試情報

資料請求



社会福祉学科 パンフレット

東海大学健康クラブ

健康科学部スマートフォンサイト



学部トップ
学部紹介
Campus
Pick Up
卒後の進路
Link
教員紹介
資料請求
入試情報
アクセス・お問い合わせ
プライバシーポリシー
看護学科トップ
4年間の学びの流れ
在学生からのメッセージ
OB・OGレポート
看護学科パンフレット
社会福祉学科トップ
4年間の学びの流れ
在学生からのメッセージ
OB・OGレポート
社会福祉学科パンフレット
東海大学 健康クラブ
東海大学大学院 健康科学研究科
東海大学
東海大学 医学部
東海大学大学院 医学研究科
東海大学 医学部付属病院

東海大学 健康科学部 伊勢原キャンパス
〒259-1193 神奈川県伊勢原市下糟屋143 Tel.0463-93-1121(代)

Copyright (C) Tokai University The School of Health Sciences